トップページ > 健康診断・各種検診

健康診断&各種検診Medical Examination

特定健康診査と小金井市フォロー検診

 日本人の生活習慣、特に食事の摂り方の変化により生活習慣病が増加し、それを原因とする死亡が全体の3分の1になると推定されるようになりました。そこで国は平成20年度から生活習慣病を予防する為の新しい健診、保健指導制度を制定して特定健診と呼び全国一律に開始しました。またメタボリックシンドロームという概念を啓蒙し、内臓脂肪症候群を見つけ出し、改善させることにより国民の健康が維持されるとしました。
 メタボリックシンドロームとは、肥満、コレステロール(高脂血症)、高血圧、糖尿病の数値が異常値に該当する人を言います。健診により早期に異常を発見し自覚した上で、改善の為の指導を行うことになっています。
 平成20年度以前から小金井市は住民を対象に健康診断を行ってきました。その内容は国の特定健診項目と比較しても多項目で充実したものでした。現在小金井市民は市の協力を得て以前とほぼ変わらない内容の検査項目を受けることが出来るようになっております。
小金井市独自の健診項目はフォロー検診と呼び特定健診と同時に受診することが出来ます。特定健診・フォロー検診は当院で受けることが出来ます。ご自身の生活習慣を見直す良い機会としてご利用ください。また、指定された項目以外の検査を希望場合は自費となります。


特定健康診査

対象: 国民健康保険に加入している40~74歳の方

目的: 生活習慣病を早期診断・治療することで、脳血管障害(脳梗塞・脳出血)や虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)など重大な病気の発症を予防します。結果をもとに、保健指導を実施します

申し込み方法: 予約不要です
午前中に来院してください
保険証と受診券を忘れずにお持ちください
自己負担金はありません

後期高齢者医療健康診査

対象: 75歳以上の後期高齢者医療保険に加入している方

目的: 生活習慣病を早期発見し、健康にかかわる相談や指導を行います。

申し込み方法: 予約不要です
午前中に来院してください
保険証と受診券を忘れずにお持ちください
自己負担金はありません

生活機能評価健診

対象: 65歳以上で、市から送付された基本チェックリストの判定から選出された2次予防事業対象者(特定高齢者)の候補者となった方

目的: 介護予防事業の参加を判断するための健診で、予防事業は市内4か所にある地域包括支援センターのプログラムにより行われます。

フォロー検診

対象: 40歳以上となる小金井市に住民票を提出している方で、
(1)特定健康診査対象者
(2)後期高齢者医療健康診査対象者
(3)集団健康診査対象者
上記の(1)~(3)のいずれかに該当する方

目的: 健康診査に含まれない項目について小金井市の全額負担により市独自の検査項目を追加して行います。

追加される検査項目: 胸部レントゲン 血中尿酸値 血清クレアチニン値 白血球数 赤血球数 血色素量 ヘマトクリット値 安静時心電図

社会保険・組合国保特定健診

健康保険組合連合会-の実施する特定健診を実施します。受診券に「集合B」の記載がある方が対象になります。保険組合によっては自己負担がありますので注意してください。


健康診断(任意)

就職・受験用など、個別の健康診断を実施していますので、御希望の方はご連絡ください。


がん検診(市大腸がん検診)

 日本では年間30万人以上の方が癌で死亡しており、性別・年齢に応じてその発症部位には多様性があります。
 男性では40歳以上の約60%が消化器系癌(胃がん・大腸がん・肝臓がん)、70歳以上では肺がん・前立腺がんが多くなり、女性では40代で乳がん・婦人科癌(卵巣がん・子宮癌)、70歳以上で肺がん・消化器がん(胃がん・大腸癌)が多くなります。
 最近では癌の早期発見・早期治療のために癌検診も高く意識されるようになってきています。
 小金井市では市がん検診として大腸がん検診を行っており、当院でも実施しています。

対象: 40歳以上の小金井市民は無料となります。

検査: 免疫学的便潜血検査を行い、異なる日の二回分の検体を提出します

肝炎ウィルス検診(市肝炎検診)

 慢性肝炎は、ウィルス感染症を契機に自覚症状なく進行し、やがては肝硬変・肝臓がんへと進行してく可能性があります。自覚症状がなく、健診で肝機能障害を指摘され、調べて初めて肝炎だとわかる方もいます。
 自分が肝炎ウィルスに感染しているかどうかを知ることは、未然に病状の進行を遅らせ、健全な生活をいつまでも続けていかれるような対応を準備することができます。東京ではおよそ20万人以上の方がウィルス性慢性肝炎の診断を受けていますが、最近ではインターフェロン治療など、根治も可能となってきており、早期発見の重要性が高まってきています。
 検査の結果、HBs抗原ウィルス陽性および、検査時点でのC型肝炎ウィルスへの感染の可能性が高い場合、専門医療機関への紹介をいたします。
 当院は肝炎ウィルス検診実施医療機関ですので、希望される方は、ご連絡ください。

対象: (1)今年度40歳になる小金井市民
(2)健診で肝機能障害を指摘された41歳以上の市民で検査を希望する方方
(3)今まで肝炎ウィルス検診を受診したことがない41歳以上の市民
上記の(1)〜(3)のいずれかに該当する方

検査: 胸HBs抗原・HCV抗体 *場合によりHCV核酸増幅検査を追加
Copyright(C)Miyamoto Internal Medicine All Rights Reserved.